スエヒロタケ(末広茸)

春のキノコ 夏のキノコ 茶色のキノコ 秋のキノコ さ行 冬のキノコ 食毒不明のキノコ ハラタケ目

南極を除くすべての大陸で発見されているキノコ。「スエヒロ」という名前はその名の通りおめでたい席で使う扇の「末広」名前からきているとされますが、おめでたい名前とは正反対に、肺の中に入り込んでスエヒロタケ感染症という奇病を引・・・

ホコリタケ(埃茸)

食べられる食用キノコ 夏のキノコ 秋のキノコ 黄色のキノコ 白色のキノコ は行 ハラタケ目

林の中や庭先、公園などでもよく見かける、ころころとした丸いきのこ。成熟したホコリタケは煙のような黒っぽい胞子を飛ばします。子どもの頃は、よくこのキノコをつついて胞子を出して遊んでいました。 ホコリタケ(埃茸)の特徴 幼菌・・・

ツチグリ(土栗)

夏のキノコ 秋のキノコ た行 珍しい色のキノコ ニセショウロ目

まるで星のように開き、その上に胞子を飛ばす袋が乗るという特殊な形状のツチグリ。 手で触ると胞子を吹き出す変わったキノコです。 ツチグリ(土栗)の特徴 ツチグリ(土栗)の発生時期 夏から秋ころにかけて発生します。 ツチグリ・・・

ツチダンゴ(土団子)

た行 食毒不明のキノコ 黒色のキノコ ユーロチウム目

ツチダンゴは、地中に発生するキノコのため、見つけることすら難しいキノコです。 また、大きさも数センチしかないことから、食用にも不向きとされています。 ツチダンゴ(土団子)の特徴 冬虫夏草のように地中で成長するため見つける・・・

イカタケ(烏賊茸)

あ行 秋のキノコ 冬のキノコ 食毒不明のキノコ 白色のキノコ スッポンタケ目

イカタケは、その名の通りイカのような見た目をしており、まるで地面に突き刺さっているようにも見えます。 まれに菌輪を形成したりもします。 イカタケ(烏賊茸)の特徴 エイリアンのような見た目と、発する悪臭から食用には向いてい・・・

ワカクサタケ(若草茸)

夏のキノコ 秋のキノコ 毒キノコ 珍しい色のキノコ わ行 ハラタケ目

ワカクサタケ(若草茸)は傘の大きさが1~2cm程度の大きさの、エメラルドグリーン色をした美しいキノコです。 食べることはできるようですが、食べ過ぎると消化器官系の中毒症状と幻覚症状が現れるそうなので、当サイトでは毒キノコ・・・

フユヤマタケ(冬山茸)

食べられる食用キノコ 茶色のキノコ 秋のキノコ 冬のキノコ は行 ハラタケ目

フユヤマタケは、キノコの少ない冬場に採ることができる貴重な食用キノコです。 雪の降る時期にも発生するので、時折凍った状態で発見されることもあります。 フユヤマタケ(冬山茸)の特徴 傘は茶褐色で、時期的に湿った環境が多いた・・・

コフキサルノコシカケ(粉吹猿之腰掛)

春のキノコ 夏のキノコ 茶色のキノコ か行 食べられないキノコ 秋のキノコ 冬のキノコ タマチョレイタケ目

コフキサルノコシカケは多年生のキノコで、年々成長を続け50cm以上になることもあります。 傘には年輪のようもな模様が現れ、ココアのような胞子が表面を覆っています。 コフキサルノコシカケ(粉吹猿之腰掛)の特徴 かなり頑丈な・・・

クロハナビラタケ(黒花弁茸)

か行 食べられないキノコ 秋のキノコ 毒キノコ 冬のキノコ 黒色のキノコ ビョウタケ目

キクラゲによく似た毒キノコであるクロハナビラタケ。 きのこ狩りシーズンの秋から発生し始めるので、間違って採らないように注意しましょう。 クロハナビラタケ(黒花弁茸)の特徴 黒紫色の見た目で、花びらのような形状をしています・・・

キヌメリガサ(黄滑傘)

食べられる食用キノコ か行 秋のキノコ 黄色のキノコ 冬のキノコ ハラタケ目

キヌメリガサは、きのこ狩りシーズンである秋の終わりから姿を見せ始めるキノコです。 食菌として昔から親しまれてきましたが、冬の寒さの中で根気よく収穫する必要があることから根気茸(コンキタケ)とも呼ばれています。 キヌメリガ・・・

ページの先頭へ